霊園見学随時受付中!!
お寺の概要
メディア情報
行事案内
墓石の種類と価格
ご契約から永代供養まで
瑠璃光苑が選ばれる理由
よくある質問
和尚ご挨拶
寺務局ブログ
お問い合わせ・資料請求はこちら

HOME > 和尚ご挨拶

和尚ご挨拶

千葉 悠晃

「瑠璃光苑」と称される所以は、楠寺(廣嚴寺)のご本尊様が本来薬師如来様であるからです。

現に、当寺の山号を「醫王山(いおうざん)」と称します。

大乗仏教における如来の一尊で薬師如来様と親しまれている仏様の正式名称は、薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)、また大醫王仏と称されます。

その薬師瑠璃光如来様のご慈光をいただく霊苑として、境内にあった墓地を拡張し、檀信徒以外の皆様にも広くご納骨いただける霊苑といたしました。


瑠璃光苑は、近畿県内では初めて個人供養を行う現代向けの墓所として
平成21年(2009年)に開苑いたしました。

皆様の終の棲家として、また生前に安堵をもってお過ごしいただけるよりどころとしてご利用下さい。


当寺には国内でも稀な薬師地蔵様が古くから祀られ、この度、霊苑の象徴である十三重塔の前に修繕再安置し、霊苑にご加護を授かることとなりました。

来苑の際はぜひとも薬師地蔵様に手を合わせて、真言をお唱えいただければ幸いです。


真言:オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ

楠寺 第30代住職
神戸仏教会館 館主
瑠璃光苑 管理長
千葉 悠晃(ちば ゆうこう)


このページのトップへ