散骨供養

cremains scattering

宗教、宗旨・宗派、国籍を問わず、
合祀して土にお帰しする散骨供養

散骨供養塔イメージ

散骨供養塔

散骨供養とは

瑠璃光苑では、宗教、宗旨・宗派、国籍を問わず、散骨して土にお帰しする散骨供養も行っております。
散骨供養塔内に奉納し散骨させていただきます。

散骨供養塔とは

諸事情によりお墓をご用意出来ない方の為に、散骨してお祀りする舎利塔のことです。
楠寺・瑠璃光苑のシンボルである "薬師如来像"と"十三重塔"。この大宝塔下に散骨し供養いたします。
さらに、ご希望の方には納骨年度が明記された霊廟碑に名前を刻み供養をさせていただく「霊廟供養」も行っております。

霊廟供養とは

霊廟費イメージ

霊廟碑

霊廟碑供養(希望者の方のみ)

  • 散骨供養塔へ散骨される方のお名前(俗名)を、霊廟石(石版)に刻字致します。
  • 散骨日より33年間、霊廟石を霊廟碑に安置し、霊廟碑供養を致します。

特徴

  • 宗教、宗旨・宗派、国籍は問いません。
  • 生前予約も可能です。
  • 管理費不要。

ご費用

散骨供養料(一霊) 5万円
霊廟碑供養料 5万円
霊廟石作成代 2万円

(例)一霊、散骨供養のみをご希望の場合 5万円
(例)一霊、散骨+霊廟碑供養をご希望の場合 12万円

  • 散骨時に納骨経をご希望の場合、別途納経料が必要です。