霊園見学随時受付中!!
お寺の概要
メディア情報
行事案内
墓石の種類と価格
ご契約から永代供養まで
瑠璃光苑が選ばれる理由
よくある質問
和尚ご挨拶
寺務局ブログ
お問い合わせ・資料請求はこちら

HOME > よくある質問

よくある質問

「永代供養墓」とは何ですか?


お墓参りが出来ない人に代わって、あるいはお墓参りをしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が責任を持って、管理・供養をしてもらえるお墓です。
瑠璃光苑では、お一人様ごとに独立した墓石にてお祀りする「個人供養墓」からご先祖様をおまとめして永代供養する「総墓碑」、母なる大地の土にお帰しする「散骨供養」など、
様々な"永代供養"についてご相談を承っております。

「永代供養墓」のメリットは?


永代供養墓の大きなメリットとしては、「維持・管理はお寺が行うため、管理などの手間・面倒がない。」
「お寺が責任を持って永代に渡って供養してくれるので、無縁仏になる心配が無い。」
などがあります。また、瑠璃光苑では、宗教、宗旨・宗派、国籍を問わずお申し込みが可能です。

個人別の「永代供養墓」があると聞いたのですが?

「他の人と同じお墓には入りたくない」、「一般のお墓と同じように個別のお墓が欲しい」
という方のために、瑠璃光苑では、お一人様ごとに独立した墓石にてお祀りする「個人供養墓」を
お勧めしております。
永代供養墓の良い点(跡継ぎが無くても、信頼できる寺院に管理や永代に渡る供養をお任せできること)と、一般のお墓の良さ(個人別に納骨できるお墓を確保でき、戒名や俗名、命日や没年齢も彫刻できる)を併せ持った新しいタイプのお墓で、価格も一般のお墓と比較しても、格安との評判をいただいております。

※瑠璃光苑「個人供養墓」について詳しくはコチラまで

何回忌まで供養していただけるのですか?

「個人別永代供養墓(個人供養墓)」、「先祖永代供養墓(総墓碑)」については
33回忌まで独立した個別の墓石にて供養し、33回忌以降は「十三重塔・大宝塔」下の
母なる大地の土にお帰しし、合祀埋葬の後、引き続き永代に渡り供養させていただきます。


夫婦で「個人別永代供養墓」の申し込みは出来ますか?

ご夫婦またはご家族で、「個人別永代供養墓(個人供養墓)」のお申し込みの場合でも、
お一人様ごとの独立した墓石による永代供養を行っておりますので、個人個人のご契約となります。
墓所の場所については、お隣同士でお選びいただく事も可能です。

個別に回忌法要を営みたいのですが、お寺で法事は出来ますか?

出来ます。
瑠璃光苑では、回忌法要や会食が出来る多目的ホール「神戸仏教会館」を併設しております。
ご参列者様の人数に応じて会場プランをお選びいただけます。

※「神戸仏教会館」について詳しくはコチラまで

税金はかかりますか?

永代供養墓には、消費税・固定資産税・相続税等の税金はかかりません。

どのような人が「永代供養墓」を申し込んでいるのですか?

1.子供が娘しかいないので、跡継ぎがいなくなってしまう。
2.自分自身は次男であるため、本家のお墓には入れない。
3.田舎から出てきており、今現在住んでいる地域に新しくお墓を求めたい。
4.将来、自分が入るお墓を自分で決めたい。
5.自分達のお墓のことで、子供に負担をかけたくない。
6.結婚はしないという独身の人や、離婚により単身の人。
7.先祖からのお墓を継ぎたいが、お寺との付き合いが負担になっている。
8.経済的事情などから、お墓にあまりお金をかけられない。
9.先祖から伝わる古いお墓をひとまとめにしてお祀りをしたい。
10.なかなかお墓参りに行けないので、掃除や供養を含めた管理をお願いしたい。

寺院管理の永代供養墓と、一般霊園の永代供養墓との違いは?

寺院の永代供養墓は、常日頃から守ってくれる寺院境内にあります。
それに対し、公営・民営等の一般の霊園内にある永代供養墓は、管理事務所はありますが、供養をしてくれる住職もいません。供養や管理の面から考えても、寺院の永代供養墓は承継者がいなくても永代に管理・供養をしていただけますので、ご安心いただけます。

宗旨・宗派が違っても申し込み出来ますか?


瑠璃光苑では、宗教、宗旨・宗派、国籍は全く問いません。
檀家になる必要もありません。寺院管理の永代供養墓や納骨堂においては、「過去の宗旨・宗派は問わないが、申し込み後はその寺院の宗旨・宗派に属する」という条件の場合も多いですが、瑠璃光苑では永代供養申し込み後の宗教、宗旨・宗派も不問です。従って、今現在の菩提寺と、そのままお付き合いを続けていただくことも可能ですし、納骨式の際に、その住職に立ち会っていただいても構いません。

このページのトップへ